読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

調理師になるための知識

調理師は様々な環境で活躍できますし、いまや「食」への関心はとても高いものだと言えます。

調理師とは?

人間は食べ物がなければ生きてはいけませんし、おいしい料理を食べるということは至福の一時であるとともに、家族や友達などと食卓を囲みながらの食事は、楽しいものです。

調理師とは、そのような食事シーンおいて、新鮮な食材や栄養に関する知識を有し、専門的な調理方法によって料理を作る人のことで、調理師免許を持っている人のことを指します。

この調理師免許は、調理師法という法律に基づき、国から認められた国家資格となっていて、この調理師のさらに上の資格として、専門調理師、調理技能士というものがあります。

f:id:teppouyaki:20170126172649p:plain

「調理なんて誰でもできるじゃないか」と思われるかもしれませんが、調理師というのは、ただ調理の技術があるだけではダメで、衛生面や栄養のことなどもしっかりと考えられる幅広い知識が必要となってきます。

さて、その調理師の働く環境なのですが、一般的には、レストランや料亭などの料理店やすしやラーメンなどの専門店、またはファミリーレストランなどが浮かぶかと思いますが、この他にも調理師の輝ける場所はたくさんあります。

ホテルや旅館などの宿泊施設や、学校や会社内の給食施設などもそうですし、福祉施設や病院など、食に関する場所であれば、必ず必要な存在なのです。

また、先の職場は主にお客様に提供するということが前提となっていますが、他にも食品会社での新製品の開発であったり、調理方法を教える料理教室などでも調理師が活躍できる場となっています。

つまり、調理法においては、飲食物を提供する施設ごとに調理師を置くように務めなければなりませんし、国も飲食店には調理師がいたほうがいいと推進しています。

また、調理師免許の優れた店として、飲食店の開業に必要な食品衛生責任者に申請するだけでなることができます。

調理師の資質としては、まず「食」に対しての関心が1番に挙げられ、さらには食材や味付けに関する研究を行う熱心さも必要となります。

必要というには大げさかもしれませんが、何事も研究熱心なほうが、上達が早くなるものです。