調理師になるための知識

調理師は様々な環境で活躍できますし、いまや「食」への関心はとても高いものだと言えます。

「foodskole(フードスコーレ)」2021年度後期の募集スタート!

食の学び舎 「foodskole(フードスコーレ)」が、2021年度後期Basicカリキュラムの受講生を募集!

f:id:teppouyaki:20210901122713j:plain
2021年度後期Basicカリキュラム

何か特別なスキルを身につけるというよりは、答えのないテーマに関して、自分なりの落とし所をみつける。

インプットとアウトプットを繰り返しながら、「食」をとおして興味ある分野を中心に関連領域を広げながら、これからの生き方に直結するような生涯学習の場を目指します。

今回はフードスコーレの学び合いのメインとなるカリキュラムの中でもBasicカリキュラムの募集となっており、「食」を学び始めたいと思っている方、これまで学んできてより探求したい方、一緒に取り組む仲間を探している方など、動機は人それぞれ異なるのですが、私たちと一緒に、「食」について学び合いませんか

Basicカリキュラムとは

「食」にまつわるさまざまなフィールドで活躍する講師陣を招き、立場関係なく学び合う約半年間の授業カリキュラムで、各パートには、課題領域に向き合うプロフェッショナルの方々をゲスト講師として招き、「聴く」「知る」という内容ではなく、対話やワークショップなどを交え「考える」「発表する」ことも取り入れていきます。

カリキュラムを進行していく中で、ゼミや部活動などの課外授業といった有機的な学びの場が生まれています。

2021年度前期の授業テーマは、食が生産されてから、食卓に運ばれ、わたしたちの口に運ばれ、そしてその後どうなるのか。

そうした食の「循環」をストーリーとして置きながら、環の中の各パートをユニークな視点で切り取って考えていく、というプログラムで行ってまいりました。

今までの参加者は、シェフ、食品メーカー勤務、学校の先生、学生など様々です。育った環境や年齢も性別も経験値も異なる人たちと一緒に学び合うことで新たな気づきが生まれます。

「2021年度後期Basicカリキュラム」テーマは「食欲」

人間が持つ食欲とは。食欲がもたらすプラスとマイナスなこと。

そんな食欲とどうつき合えば良いか。食欲について考えることで、環境や食産業や文化、また自分自身の食への向き合い方に新しい視点を加えられるのでは、そんな期待感を持っています。

調理師学校主催「食育教室2021」夏から続々開催

全国調理師養成施設協会は、全国の調理師学校で、食育普及のための参加型授業「食育教室2021」を開催していて、今年で18年目を迎える同教室の今年度は、7月8日現在全国から29校が参加を表明しています。

食育教室は、食のプロを養成する調理師学校が一般に向けて食との向き合い方を考える機会を提供する場で、日本の食習慣をよりよいものとすることをめざして開かれる食の体験型教室で、子ども向けから大人向けまで地域に根差したバラエティ豊かな内容で展開されています。

一般の向けのプログラムは、講習会と調理実習で構成され、講習会では食材の旬や食事のマナー、地産地消などについて学び、調理実習では、地域の特産物を食材として利用することを意識している学校も多数あります。

親子向けの教室では、調理経験があまりない子どもでも楽しく、気軽に参加できる内容で、学校の教員だけでなく学生・生徒も、参加者をサポート。

夏~秋にかけて実施する学校のプログラムで、夏休みの自由研究や思い出作りにもおすすめとなっています。

「食育教室2021」は「何を食べる?誰と食べる?どう食べる?」をテーマに、同協会が提唱する食育の3指針を盛り込んだ内容で、どんなものを食べたら安全か、危険かという「選食」の力や知識を身につけ、食事についてのしつけとともに、バランスのよい食事を心がけるよう指導。また、食料や農業に関する問題や、環境問題を意識する内容となります。

スケ

訪問調理師ごはんさんの 野菜大好きレシピ

予約が取れない、伝説の人気訪問調理師ごはんさん、待望の新刊発売!

f:id:teppouyaki:20210628113721j:plain
訪問調理師ごはんさんの 野菜大好きレシピ

本書では、今まで訪問した延べ2000軒以上のお家でリクエストが多い野菜メニューを厳選収録されていて、「食べず嫌い」「偏食」「食が細い」など、ママさんたちのお悩みを解消してくれます!!

子どもが野菜をどんどん食べる魔法の79レシピが紹介されていて、学校給食づくりの経験から得た、切り方、味付け、調理法、盛り付け方などのひと工夫は必見!!!

トマト、ニンジン、ピーマンなど切り方、味付け、盛り付けなどアイデア満載の野菜特化レシピで、子どもが不思議とモリモリ食べてくれます!

テレビや雑誌などで時短レシピを披露している、予約殺到の訪問調理師ごはんさん。

3時間で20品目以上の料理を作ることから、多くのママさんたちからの依頼が殺到しているようで、本書では野菜、魚など子どもの好き嫌いをなくし、育ち盛りの子も満足の栄養満点メニューが絞って収録されていて、見た目にも子どもが敬遠しない料理テクも紹介。

簡単、時短、作り置きができるので、忙しいママさんに大助かり!